忍者ブログ
シングルスB.B
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/24 こむぎ]
[01/05 こむぎ]
[12/26 こむぎ]
[12/01 おおたに]
[11/29 リハビリ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
b.b
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暇だったのでこんなものを製作致しました。
中国雑技団ならこんな技もできるんだろうなぁ。。。

a3e7c824.jpeg
こんにちは。時々寒いですが、だいぶん暖かくなってきました~
これからは花見でビールですね。楽しみです。。。

私は10年以上前に盲腸になりました。
朝に”胃がおかしいな”から始まり、だんだんだんだん夕方につれ胃が痛くなってきました。
普通に胃もたれだと思ったので胃薬をガンガンと飲みましたが
一向におさまらず、ついには立っていられない程の痛みで床に寝転がりました。
その当時、飼っていたシーズーが私のお腹の上に乗り、
寝床をつくるべく、お腹をがりがりとひっかきまわすのです。
でもそれどころではありませんでしたので、
ガリガリとやられながら寝ておりました。
母がやっと帰ってきたので、すぐさま病院につれていかれ盲腸と言うことが判明しました。
たしかすぐに入院だったような気がします。

盲腸の手術はせず、薬で散らすとのことだったので、
それから3日3晩(くらい)点滴のみで過ごしました。
とてもとても暇でした。
それに点滴も体についてくるのでトイレとかいろいろ面倒でした。
まぁそれはおいといて、

やっと点滴が取れる!となった当日、腕から点滴が抜かれるとそこに、ぽっかり穴があいて怖かったです。
今もその穴はうっすらと残っています。
そして、腕を何気なく見てみると、
そこにはひょろっひょろの骨のような腕がありました。
点滴だけの3日ほどできっと痩せたのでしょう。
本当にひょろっひょろでした…かなりのガリガリ君でした。

痩せにくくなった今、その昔の事を思い出し、
点滴ダイエットっていいんちゃう~と冗談で言ってみて
調べてみたら、なんとあるではないですか!!
なんという時代だ~

とびっくりしたという話でした。
ちなみに点滴ダイエットは一回1,000円くらいで、一食を点滴にするのか?
一日を点滴だけにするのか?それは不明です。
どなたか実践したかは是非教えて下さい
最近悩んでいる事があるのですが、
名古屋に試合に行くことがあるのです。
移動手段は新幹線かバス。

ここで問題が出てくるのが服装です。
全てジャージってのはどうなのでしょう…

ちなみに私は平気です!!
高校生のころなんかは”疲れた”などという単語はなかったように思います。
走って息がきれて”疲れた”程度だったような…
皆さんも同じだと思いますがそんな10代。
20代になっても”疲れ”というのは感じても、
いつの間にか寝ていれば消えていくものだったので
それほど意識して”疲れ”に対して考えてなかった20代。
その頃はバドミントンすることが楽しくて、
土曜日:朝バドミントン、昼寝て、晩バドミントン
日曜日:朝温泉行って、昼バドミントン、夜飲み会
月曜日:フラフラ
といった感じで全力で遊んでいたような気がします(主にバドミントン…?)

更には日曜日ごとに試合に出て、7連続日曜日試合だ~!!やっほう
とか言っていたような気がします。
(もちろん最後の方は元気がでない)
それが楽しかった20代。

しかし!30代に入ってだんだんと体がしんどさを感じるようになってきて、
疲れをとると言う大切さを身にしみて感じてきました…
そうです、疲れを実感しているのです。
”疲れ”という目に見えないものを感じるのに30年以上もかかってしまいました。

更に疲労がピークに達すると風邪をひき、高熱が出る自分もわかってきました。
いままで年に何度か突然高熱を出したりするのです…
試合の前に飲み会があると、次の日疲れて一歩先に行けないということもわかってきました。
(これは常識!?)

そんな事をやっと何十年もかかってわかってきたので、
これからは自分の体を”試合で元気に動き回れるにはどうしたらよいか!?”
という今までより一歩先(なのだろうか?)を考えながら練習していこう~
本当に今更ながらかも…

なので試合の前日は飲み会に誘わないでください!(笑)
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © singlesbb All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]